白岡市子育て情報帳

白岡市の子育て支援いろいろ

埼玉県や白岡市に移住すると、県や市が力を入れている子育て支援、各種補助金が受けられるというメリットがあります。

そもそも白岡市は2012年に市になったばかりの新しい市であり、宅地の供給が進んでいます。子育て世代の移住に県や市が力を入れているという事情があるのです。

埼玉県による子育て世代移住促進政策

  1. 埼玉県では、対象となる世帯(18歳未満の子が3人以上の世帯、または18歳未満の子が2人で3人目を希望する夫婦がともに40歳未満の世帯)であれば、新築の住宅を購入するにあたって、最大で50万円の住宅支援補助を実施しています。
  2. 県内の私立高等学校に進学する生徒の経済負担を減らすため、国の「就学支援金」に上乗せする形で、授業料や施設費等納付金、入学金の軽減補助を行っています。所得要件(年収約600万円未満)によっては、実質無償化となります。
  3. 「埼玉県内で初めて住宅を建設したり、現在よりも広い面積の住宅に住み替える人」で、なおかつ「中学生以下の子どもを持つ世帯(出産予定も可)または、夫婦の合計年齢が70歳以下の世帯」が、特定の要件を満たした家を購入する場合、『埼玉の家』住宅ローン(以下の内容)が利用できるため、住宅購入のハードルを下げられます。

県が施策する「埼玉の家」金利優遇ローン一覧

  • 子育て世帯の住まいづくりを応援する住宅ローン
  • 親と子の同居・近居を望む世帯の住まいづくりを応援する住宅ローン
  • 環境に配慮した住まいづくりを応援する住宅ローン
  • 住宅のリフォームを支援するためのリフォームローン

上記のローンは、子育て世代のほか、親子の同居・近居、建て替えを促進するという意味合いもあります。

白岡市による子育て支援

白岡市は、「地域子育て応援タウン」に認定されているように、乳幼児を育てる環境が整っています。

子育て支援課に総合支援窓口を設置しているほか、子育て支援拠点である児童館などを4つ設置、子育て支援ネットワークも用意しており、子育てしやすいまちづくりを目指しています。

出産一時金は42万円が支給されますが、白岡市からの出産祝いとして、新生児一人につきお米30kgを支給するというユニークな取り組みも行っています。

児童館では乳幼児の親子教室や誕生日、行事イベントを開催しているので、親子の交流を深めることができます。

こども医療費支給制度は中学校修了までの期間が適用されます。 さらに、平成29年からは療費助成も充実して手厚く、東京都では北区と千代田区しか行っていない18歳年度末までの助成(所得制限なし)を、白岡市では受けられるようになります。

白岡市では子育て家庭に医療費を支給,白岡市公式サイト
白岡市の注文住宅工務店5選バナー