注文住宅の工法について

注文住宅を建築する際に用いられる工法には、いくつかの種類があります。どの工法を選択するかによって使用する建材や住宅の性能が異なってくるという点はぜひ知っておきたいもの。本ページでは、それぞれの工法について解説していきます。

木造軸組工法

在来工法とも呼ばれている工法で、日本においては昔から使用されてきたもの。多くの住宅で用いられている工法で、約8割がこの木造軸組構法により建設されています。昔から使われてきたこともあり、日本の気候・風土に合っている工法です。

木造軸組工法は、その名の通り構造部分には木材を用いています。主に柱と梁で構成されており、さらに筋交いを入れることによって耐震性を高めている点が特徴。さらに、近年では接合部分に金属を使用するなどして、さらに建物の強度を高めます。

木造枠組壁式工法(ツーバイフォー / 2×4)

木造枠組壁式工法は、2インチ×4インチの製材を使用する工法。製材を使って柱を組み、さらにパネルで壁を作ることによって箱型の構造を作り上げて建物を支えます。この工法は、北米で多く用いられている工法としても知られています。

箱型の構造となっていることから横揺れを建物全体に分散させることで耐震性を高めている点が特徴。さらに、標準化されていることから品質が安定している点もポイント。高品質な住まいを建てやすいというメリットがある工法です。

軽量鉄骨造

軽量鉄骨造の場合は、梁や柱など建物の骨組みに厚さが6mm未満の鋼材を使用します。この工法の場合には、建物の部材は工場で生産、現場で組み立てるプレハブ工法が用いられます。軽量鉄骨造は、一般的な戸建て住宅のほか、アパートなどで採用されています。

メリットとしては耐震性や耐久性の高さが挙げられます。さらに、部材が規格化されていることにより品質が安定している点や工期が短いという点もメリット。その反面、通気性や断熱性が低いという点、間取りを変更しにくい点がデメリットとして挙げられています。

重量鉄骨造

柱や梁など躯体部分に厚さ6mm以上の鋼材を使用した工法を重量鉄骨造と呼びます。別名「ラーメン構造」とも呼ばれており、壁のない構造となっていることから自由度の高い設計が可能な点が特徴です。

この工法はビルやマンションなどで多く用いられており、地震に強い点が大きなメリット。ただし、建物そのものが重いため、基礎を強固なものにする必要があることからコストが上がってしまう点がデメリットです。

白岡市の注文住宅工務店5選バナー