|

白岡市の住宅補助金制度

白岡市で受けられる住宅等に関する補助金制度

白岡市では、住宅の耐震化やリフォーム等に活用できる補助金制度を用意しています。

白岡市既存建築物耐震診断補助金

地震災害に強い安全・安心なまちづくり推進のため、耐震診断に要した費用で5万円を上限に補助しています。

補助対象

  1. 昭和56年5月31日以前に建築した木造2階建て以下の住宅、併用住宅の耐震診断
  2. 建築物所有者かつ居住者

白岡市既存建築物耐震改修補助金

地震災害に強い安全・安心なまちづくり推進のため、耐震改修費用にかかる費用の一部を補助しています。

補助額は、耐震改修工事に要した費用の23%で、40万円を限度とします。

補助対象

  1. 昭和56年5月以前に建築された住宅で、耐震診断によって倒壊の恐れがある(上部構造評点1.0未満)となった住宅
  2. 建築物所有者(2親等内の親族)かつ居住者

白岡市既存建築物耐震シェルター補助金

地震による建物の倒壊から身を守るため、耐震シェルターの設置費用に対して10万円を限度として補助します。

こちらは、補助対象木造住宅1棟に対して1回限りとなっています。

補助対象

  1. 白岡市既存建築物耐震診断補助事業における耐震診断の結果、安全性の上部構造評点が1.0未満又は地盤若しくは基礎が安全でないと判定された建築物
  2. 建築物所有者かつ居住者

住宅リフォーム事業補助金

市内施工業者振興のため、市内施工事業者による住宅リフォームを行う市民を対象として事業費の一部を補助しています。

補助金額は補助対象経費の5%で、5万円を上限とします。

補助要件

  1. 住宅で市内施工業者が行う工事である
    *【要確認】所有者の承認がある場合は賃貸も対象となる場合がある
  2. 申請年度において、市の住宅改修に関する補助金を受けていない
  3. 毎年4月1日以降に着手し、翌年の2月末日までに完了できる工事である
    交付決定前に着手していないもの
  4. 白岡市に住所があり、申請者が住宅を所有・居住している
  5. 市の税金お寄り各種貸付資金について申請日時点で滞納していない
  6. 過去5年間で本補助金の交付を受けていない
  7. 改修工事後、当該補助対象住宅に引き続き5年以上居住する

白岡市住宅用創エネ・省エネ機器設置費補助金

創エネ・省エネ機器の普及を促進することで温室効果ガスの排出の抑制を図るため、予算の範囲内において補助金を交付しています。

補助対象

  1. 自ら居住する市内の「既存住宅」または自ら居住するために市内に購入する「既存住宅」に、これから補助対象機器を設置する方
  2. 定置用リチウムイオン蓄電池及び家庭用エネルギー管理システム(HEMS)の設置は、「新築住宅(建築途中、建て替えを含む)」も対象

補助対象機器と補助金額

対象機器 補助金額
住宅用太陽光発電システム 3万円
住宅用LED照明器具 上限5千円(補助対象機器・設置にかかる費用の1/2以内)
定置用リチウムイオン蓄電池 3万円
家庭用エネルギー管理システム(HEMS) 1万円

白岡市障害者等日常生活用具給付等事業(住宅改修費の助成)

障がいがある方の日常生活を改善するため、スロープ、手すり、トイレ改修等の費用を補助します。

住宅改修費の給付は1回限りで、20万円が上限となります。

補助対象

  1. 下肢、体幹機能障害を有する障がい等級3級以上の障がい者等
白岡市の注文住宅工務店5選バナー