旭化成ヘーベルハウス

ヘーベルハウスの家づくりのこだわり

ヘーベルハウスは都市型の住まいを得意としています。狭い敷地、高さ制限のある土地といった制約があっても、新しい発想の設計によって広がりのある暮らしを実現。例えば、「クロスフロア」は2階床を部分的に下方向へシフトし、吹抜けと一体となる中間階をつくるというアイデア。「マルチフロアシステム」ならば2階建て4層/5層空間を実現。ロフトや屋根裏収納など、高さ制限のある都市でもスペースを最大化します。

【ヘーベルハウス】注文住宅の施工事例

ビルトインガレージと2階ベランダで、開放的に暮らす家

ヘーベルハウスの施工事例1_外観
引用元HP:ヘーベルハウス
http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/lineup/search/gaikan/#!alltype

周囲の視線を格子でさえぎるバルコニーのある家

ヘーベルハウスの施工事例2_外観
引用元HP:ヘーベルハウス
http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/lineup/search/gaikan/#!alltype

ヘーベルハウスが建てる注文住宅の特徴

ヘーベルハウスの大きな特徴は、30年、60年先も快適に住み続けられる住宅を建てるというところ。住まいのホームドクターを自負しており、設計図からメンテナンス履歴までを一元管理する「邸別ハウスカルテ」を保存、管理しています。それをもとにして、基本性能を60年先まで維持する独自メンテナンスと点検システムを設けています。

断熱性(高気密、高断熱)の取り組み

旭化成と西ドイツの技術提携で国産化したALCパネルの「ヘーベル」。珪石・セメント・生石灰が主で、これに水とアルミ粉末を混合して発泡させます。この無数の気泡の働きにより、コンクリートの10倍という断熱性能を発揮。冷暖房の効果を高めます。結露も生じにくくします。

地震、火災、水害などへの安全性

進化した筋交いといわれる制震フレーム「ハイパワードクロス」は、斜材と横材の組み合わせによって座屈を抑えながら、中央連結部にある「制震デバイス」に地震力を伝え、エネルギーを効率よく吸収できるようになっています。

また、代表的な建材である「ALCコンクリート・ヘーベル」は無機質なので燃えることもなく、有毒ガスも発生させません。また軽いので、ロッキング機構で地震力に追従する構法を取り付けると地震に強い建物になります。

ヘーベルハウスの会社概要

住所 (本社)東京都新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビル
↓白岡市が担当エリアの支店↓
(大宮支店)埼玉県さいたま市大宮区吉敷町1-75-1 太陽生命大宮吉敷町ビル6F
TEL (本社)03-3344-7111
(大宮支店)048-643-6540
URL http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/index.html/
所有資格 記載なし
保証やアフターサービス 「ロングライフプログラム」
30年目に防水、外装の集中メンテナンスを行う。
「60年点検システム」
30年目までは無料・35~55年目の5年ごとに有料、60年目も有料
白岡市の注文住宅工務店5選バナー