ダイワハウス

ダイワハウスの家づくりのこだわり

ダイワハウスの注文住宅におけるコンセプトは「強い家」をつくるということ。家はその人の人生そのものであるからこそ、強い家をつくる必要があると考えています。

強さを実現するため、ダイワハウスの「xevo(ジーヴォ )」は、地震・経年・土台にこだわります。

【ダイワハウス】注文住宅の施工事例

構造柱を活用した大胆なL字型のLDK

ダイワハウスの施工事例1_屋内
引用元HP:ダイワハウス
https://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/visit/vol177/

屋内面積を広げるキャンチルームがバイクポートに

ダイワハウスの施工事例2_屋外
引用元HP:ダイワハウス
https://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/visit/vol176/

ダイワハウスが建てる注文住宅の特徴

オーナー一人一人のこだわりを反映させ、暮らしやすい動線、収納計画、日々の暮らしのつなげかたなど、あらゆる視点から住宅をデザインするには、それなりの経験と技術が必要となります。ダイワハウスでは、デザイナーを育成する「ハウジングマイスター制度」を制定。優れた設計力、コミュニケーション力、生活提案力を持ち、一級建築士の資格を持つ者だけが、ハウジングマイスターとして認められます。ハウジングマイスターはオーナーの要望を汲み、形にしていきながらも、快適な住まいに欠かせないプロの視点を盛り込むことで、24時間いつでも心地よいと思える住まいを提案します。

断熱性(高気密、高断熱)の取り組み

少ないエネルギーで快適に、長く暮らせる「外張り断熱通気外壁」を採用。構造体全体を断熱材で包みこみ、外部環境からの影響を抑え、省エネ性と耐久性を確保しています。さらには天井や床にも断熱工法を施し、断熱性と気密性を実現しています。

地震、火災、水害などへの安全性

ダイワハウスの標準耐震技術「DAEQTS(ディークト)」は、建物の軸組(柱)を2つのパネルフレームで3本を一体化した、こちらも独自の「トリプルコンバインドシステム」で、柱が揺れに耐える仕組みです。阪神淡路大震災クラスの衝撃を受け止める強さがあります。

また、ダイワハウスが使用している外壁「DCウォール」は、セメントを主成分としたセラミック系外壁材。防火構造外壁の認定を取得しており、隣家からの出火などによる類焼を防ぎます。

雨水侵入に関しては、二重防水構造を採用。外壁表面の一次防水に加え、壁の中に二次防水加工を施すことで、防水性能を向上させています。

ダイワハウスの会社概要

住所 (本社)大阪市北区梅田3丁目3番5号
↓白岡市が担当エリアの支店↓
(久喜展示場)埼玉県久喜市本町6-14-16
TEL (本社)06-6346-2111
(久喜展示場)0480-24-2135
URL https://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/
所有資格 記載なし
保証やアフターサービス 「AQサポート」
構造耐力上主要な部分の20年保証あり。診断、点検を定期的に実施することで、保証期間の延長も可能。希望によっては、60年以降も診断・保証します。
白岡市の注文住宅工務店5選バナー